広告

おもてなし料理 市販品の感想 発酵食品

豆乳ヨーグルトを作ってみた

投稿日:2019年8月28日 更新日:

豆乳ヨーグルトを知ってますか?

最近ではベジタリアンやヴィーガンなど健康志向の人に支持されていて玄米を使って手作りしているもいるようです。

もちろん豆乳とヨーグルトの組み合わせですから、その次はダイエットをしている人が取り入れています。



一方、僕のヨーグルト制作レベルは、種菌から作ったヨーグルト(市販の物とは違うはず?)を貰ったので牛乳を入れてヨーグルトを作った(増やした)ことがある程度です。

しかーし、うちでは自宅で手作り豆乳を作っているので豆腐にできないかと調べていくと豆腐ヨーグルトを見つけました。


玄米から作る方法はネットにありましたが、雑菌とか不安なので今回4,500円で市販の豆乳ヨーグルトの種菌を含むスターターキットを買うことにしました。

買ったのはこちらです。

ケフィア豆乳ヨーグルトの詳細を⇒ケフィア豆乳ヨーグルト スターターセット

豆乳ヨーグルトの作り方 【混ぜるだけだけど】

さて、豆乳ヨーグルトをせっかくとった画像と共に紹介します。

必要なのもの
・ケフィア豆乳ヨーグルト
・豆乳 (無調整)

これだけ!

ケフィア豆乳ヨーグルトの種菌は4g×6袋の小分けになっています。
1本1Lなのでで使いきれて便利です♪

ということで1袋を豆乳に入れてー


あとはよく混ぜるだけ。シェイクシェイクシェイク♪

ケフィア豆乳ヨーグルトには5種類の乳酸菌と3種類の酵母が含まれているようで、その働きでヨーグルトのように固形になります。

そのために必要なのが温度。
20度から30度ぐらいが元気に活動してくれる温度なので外気(室内)がその程度の温度であればそのまま放置してるとできます。

冬などで室温が20度に行かないときは、コンセントに刺した ケフィアウォーマー が温めて温度をキープしてくれます。

ストーブが写りこんでいて察しているかもしれませんが、寒い時期だったのでケフィアウォーマを使いました。

※蓋は締めます。画像を忘れずに取らないとと思って締め忘れただけです。

11時間近く経過したので開けてみます。
崩れるので非推奨ですが持って軽く揺らすと液体から変化しているのがわかると思います。


なかなかの固まり具合なので容器に移してみます。

スプーンですくうとしっかりヨーグルトです♪
味は豆乳の青臭さもなくそのままでもいけます。

そのままでも行けちゃうといったものの、なんにでも合いそうな感じなので色々試してみたくなります。

ヨーグルトなので当然フルーツやアイスなど甘いものにあいますし砂糖をかけても美味しと思います。

個人的に気に入ったのは醤油。

甘くない豆乳ヨーグルトが甘くないので醤油もあいました。
柔らかい豆腐って感じですが、冷ややっこよりも美味しい。

にがりで固めた豆腐よりも発酵している分うまみとが増したのかな?
ケフィア豆乳ヨーグルトの種菌の力がおおきそうですが、豆乳ヨーグルトを作ってみた人は醤油をかけて食べてみてください♪

楽天でも買えます⇒ケフィア豆乳ヨーグルト

が!
楽天で買うなら
種菌だけが1パック(4g×6)2,000円
5パックで8,424円
で売ってます。

公式サイトなら通常価格でも1,980円ですし、定期コースなら1780円でお得に買えます。
しかも、初回のお届けの中に『人生が変わる! ケフィア生活』(書籍)もプレゼントしてくれます。

つまり、お得な公式サイトはこちら⇒ケフィア豆乳ヨーグルト スターターセット

広告

【ランキング応援のお願い】

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

↑↑ 上をクリックして頂くとブログ村のランキングに入れます。 ブログ村に登録してない方でもクリックして応援できます。
※変なメールとか来ません、むしろ面白いブログあります。

応援よろしくお願いします (`・ω・´)ゞ


男の料理ランキング←ついでにこっちもお願いします(欲張り)

スポンサーリンク

-おもてなし料理, 市販品の感想, 発酵食品
-, ,

Copyright© おっくんのシンプル料理のコツブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.