レストラン(洋食)寄りの本格的な飲食店で働いたのをきっかけに料理が劇的に美味しくなったおっくんが簡単一品料理や調味料に美味しくなるコツなどを書いて行きます。(´ω`*) それに畑があって農業の手伝いもさせられてるのでその辺も家庭菜園の延長線上になるかと。 失敗談も載せていくので普段の料理の参考にしていただけると幸いです。

おっくんの簡単一品料理レシピブログ

広告

失敗した料理から学ぶ

本格的な豆乳アイスに挑戦したけど・・失敗例

投稿日:2017年7月4日 更新日:

豆乳をアイスにしたら家で豆乳作れるし良いんじゃね!?と思ったのをきっかけに豆乳アイスについてまずは色々調べてみました。

基本的に生クリームだけか牛乳と生クリーム、豆乳と生クリームの組み合わせでアイスを作っている人が多かったです。
やっぱり油分が重要なのか~ハーゲンダッツとかめちゃめちゃ濃厚だもんな~

と、いうことで生クリームも牛乳も基本買わないので、豆乳とナダデココオイルで美味しく作るためにどのくらい油分が含まれているのか調べてみました。

 

生クリーム 30パーセント
牛乳 平均3.5%
豆乳 2%ぐらい

牛乳と豆乳が割と近い数値だったので驚きました。豆乳の方がさっぱりしている印象でしたが牛乳の代用する時も同じぐらいの分量で大丈夫そうです。

とか色々調べていくと

生クリームの脂肪分は、35から40%位ですが、アイスクリームは、8%ですから、砂糖と牛乳を加えて、脂肪分8%位まで、薄めます。

と、言う事は難しい濃度の計算をする必要はなく、豆乳の乳脂肪分が2%位なのであと6%ぐらいの油分を入れたらイイってことですよね。

豆乳200ccの場合はナタデココオイル12gってことですね。( *´艸`)

 

泡立てて凍らせる方法と熱して濃厚にしてから凍らせる方法があるようです。

熱する理由がかなり詳しく説明されています。
https://ameblo.jp/lastday-s/entry-10294864459.html

 

ただ、豆乳は63度ぐらいでタンパク質が変化してモロモロと白い塊になってしまいます。
加熱方法の方が濃厚になるでしょうが、豆乳ではかなり難易度が高そうです。。(無理?)

 

因みにアイスクリームの濃厚さを出すためには攪拌機で混ぜる空気の量を20~40%にするんだそうです。市販のアイスクリームは60~100%ぐらいなんだそうです。

濃厚さと言うよりは口当たりの滑らかさが多くの空気を入れたいたほうが良いと思っていたので驚きました( ゚Д゚)

 

とまぁこんな感じで調べた後に作りました。熱さずに泡だて器で空気を入れて凍らせるタイプ。
豆乳を泡立てるために湯煎にかけましたが。

凍らせる時に混ぜると滑らかになるかな~とか素人(デザートは趣味レベル)のはかない期待を胸に・・・

写真を丁寧に取ったのですがぶっちゃけ失敗したのでダイジェスト版でご覧ください。w

豆乳

 

湯煎用のお湯

 

砂糖

タマゴと混ぜて

砂糖を入れて~

湯煎で温めながら泡立てます。

思ったよりももこもこになりました。

 

角が立つぐらいになったら凍らせようと思ったのですがこれ以上は硬くならない・・・むしろなんか泡が弱くなっているよな・・・

なのでここで妥協しました。。。

   

ココナッツオイル入れても関係なかったです。
湯煎はソイホイップについて調べた時に出てきたのですが、ソイホイップはこんな液体っぽいので使っているのでしょうか?

ジップロックに入れて~

大きな保冷剤があったので挟み、冷凍へ

横から見たらこんな感じ。

 

 

固まりました。

 

ええ、そうです、滑らかさなんてこの世に無いかのような豆乳の凍った奴ができました。w

生のタマゴと砂糖と豆乳なのでミルクセーキみたいな味です。
豆乳アイスができたら今年の夏はそれで乗り切ろうと思っていたのに~(;´Д`)

とりあえずこの豆乳砂糖氷が冷凍庫に入ったままなのでどうにかして使わないといけません。
ホットケーキにでも入れたろうかな(*´з`)

 

滑らかな豆乳アイスへの道のりは長そうです。w
以上失敗学でした。w

広告

広告

【ランキング応援のお願い】

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

↑↑ 上の写真をクリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。 ブログ村に登録してない方でもクリックしていただくことが出来ます(携帯でも可)※変なメールとか来ません、むしろ面白いブログあります。

応援よろしくお願いします (`・ω・´)ゞ

-失敗した料理から学ぶ
-, , , ,

Copyright© おっくんの簡単一品料理レシピブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.