半年たった梅酒の色と感想

梅酒を浸けて半年で試飲してみました(^^♪

左がラム酒⇒梅酒 ラム酒
右はホワイトリカー⇒ 梅酒 ホワイトリカー

時に気になるのが左の量、そんなに入ってなかったんだよ、容器が大きかったのさと思っていたのですが↑のリンク先に証拠写真があります。笑

初めての梅酒作りだし、ラム酒は美味しいと聞いて試飲しすぎてますね。。。

 

 

 

 

 

ええ、半分以上飲んでますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも半年物はちゃんと味わいます。ロンリコちゃんの梅酒をコップに注いで~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか色も出てますがまだアルコール感が強かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷を入れてロックにするといい感じ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも正直この時点ではホワイトリカーのと飲み比べると香りの厚み?が違うのが少しわかるレベルでした。
ダークラムで作っていたらまた違ったのかもしれませんが。


 

 

 

 

 

 

 

 

この記事⇒梅酒 ラム酒 の最後の感想に追伸として書きましたが、1年経つとアルコール感がまろやかになって豊かな香りが特に感じられるようになりました。

今ではストレートでチビチビ飲むのが美味しと感じるほどに。もう数杯分しかないですが。。。

と、う事でこの頃の自分に言えるなら『美味しくなるから待ってなさい。ラム酒で作ったのに美味しくないはずはない、ホワイトリカーと割れば・・・とか勿体ない事しないで!』と伝えたいですw

 

かといって途中経過を飲んで変化を楽しむのも自分で作る楽しみの一つだと思うので試飲の量と頻度は抑え目で大丈夫です。

『おいし( ゚Д゚)』ってなるのは9か月を過ぎてからだと思うからです。

 

以上現場からでした(`・ω・´)ゞ