レストラン(洋食)寄りの本格的な飲食店で働いたのをきっかけに料理が劇的に美味しくなったおっくんが簡単一品料理や調味料に美味しくなるコツなどを書いて行きます。(´ω`*) それに畑があって農業の手伝いもさせられてるのでその辺も家庭菜園の延長線上になるかと。 失敗談も載せていくので普段の料理の参考にしていただけると幸いです。

おっくんの簡単一品料理レシピブログ

広告

デザート アイス(甘いもの) 果物 素材の味を感じる

桃の皮は付いたままで冷やし過ぎない方が甘い

投稿日:2017年9月17日 更新日:

ぬおおおおおお!

最近ブログが更新できておりません。( ˘•ω•˘ )定期的に見に来てくれている人、が、まだいるかわからないけどごめんなさい。

桃 皮つきで食べる

今回はコレ!

お中元で貰った桃!今9月!(いつの話だよw)

 

先日フェイスブックで桃など皮つきのままで食べれる(なるべく無農薬でしょ。)と言う事で

 

( ゚Д゚)へーベジブロスの時に皮の凄さを知ったので、なんか納得。

 

と思った事を思い出したのでめんどくさい皮むきを省略しました♪
包丁をぐるっと入れて

うん綺麗♪

実は切れ目が入っているんです。種に沿って切り込みを入れているって感じかな。

 

熟し加減によりますが、アボガドみたいにぐるっと捻ると種の所が取れます♪

   

このままがぶり!

おいしい!だけだったらお中元の桃が美味しいって話なので皮を一緒に食べたバージョンと実だけの部分をパクッ

 

甘みが違うのがわかります。皮と実の間に甘みとか栄養素が詰まっているのは野菜だけでなく果物にも有効なようです♪

これはおすすめ!是非皮のままかぶりついて欲しいと思います。(かぶりつくことによってなんか勢いが生まれますw)

桃が甘い温度

そしてそのまま思ったのですが、桃が一番美味しい温度ってどの位なんだろう?

常温に置いておいて食べる30分前に冷蔵庫に入れると良いと聞いたことがあったのでちょっとやってみました。

 

冷凍庫に2~3時間ほど入れて置いたらキンキンに冷えて4℃になってました。

食べると冷たくて気持ちいいですが、甘みはそんなに感じない。

調べてみると果物の甘みは

砂糖に含まれるショ糖(スクロース)は温度によって甘味が変化しませんが、

果物やシロップ、清涼飲料水などに含まれる果糖(フルクトース)は温度により甘味が変化します。

 

桃は果物で果糖なので温度によって甘みが変化します。といっても砂糖が大量に使われているアイスが溶けた時に甘ったるく感じるように(つまり冷たい時は甘みが抑えられて感じる)冷凍庫に入れて4℃まで下がった桃は砂糖でも甘さが感じにくかったと思いますが。

一口食べて、冷たいけど甘みを感じなくてしばらく時間を空けつつ…食べてみると、だんだん甘みが増しているように感じました。

 

果糖の甘みを感じる温度は10度ぐらいが良いんだそうです。
桃を10度まで冷やす時間までは測定できませんでしたが食べる前の30分~3時間ほど前に冷蔵庫に入れる。
もしくは氷水に15分ほど浸けるのがイイらしいです。( *´艸`)たぶん10度近くになるんでしょうね。

 

色々回りまわって『桃は30分ほど冷蔵庫に入れた方が美味しい』というよく聞く結論にたどり着きました。(笑)

どうしても皮を剥きたい人はこんなの売ってます。

 

 

広告

広告

【ランキング応援のお願い】

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

↑↑ 上の写真をクリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。 ブログ村に登録してない方でもクリックしていただくことが出来ます(携帯でも可)※変なメールとか来ません、むしろ面白いブログあります。

応援よろしくお願いします (`・ω・´)ゞ

-デザート アイス(甘いもの), 果物, 素材の味を感じる
-, ,

Copyright© おっくんの簡単一品料理レシピブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.