レストラン(洋食)寄りの本格的な飲食店で働いたのをきっかけに料理が劇的に美味しくなったおっくんが簡単一品料理や調味料に美味しくなるコツなどを書いて行きます。(´ω`*) それに畑があって農業の手伝いもさせられてるのでその辺も家庭菜園の延長線上になるかと。 失敗談も載せていくので普段の料理の参考にしていただけると幸いです。

おっくんの簡単一品料理レシピブログ

広告

おもてなし料理 男性向け 簡単一品料理

ふわとろオムライスの卵編 包丁で開くタイプ

投稿日:2018年5月4日 更新日:

ふわとろオムライスの卵編として包丁で開くタイプのオムライスの卵のコツを書いていきます。

まずは先にチキンライスを作ります。といっても今回は鶏肉がなかったのでにんにくを使ったケチャップライスに茹でた豚をのせます。

豚は日がたっていたのか、柔らかいゆで豚を食べたい気分だったのか、忘れましたがなんか茹でました。←

写真ではわかりにくいですがまぁまぁ柔らかく茹でました( *´艸`)温度を上げすぎないことがポイントです。
茹でて柔らかくする方法はこちらの記事で紹介しました肉を低温で茹でると柔らかくなる

チキンライスを美味しく作るには⇒にんにく入りのケチャップライス

さて、チキンライスの準備ができた所でオムライスにする卵を割り、豆乳を入れました。
牛乳や生クリームでOKです。うちに豆乳があったのでそれで代用しました。

画像がぼけてしまいましたが、テフロン加工のしっかりしているフライパンに少し多めの油、あればバターを入れて卵を入れて混ぜます。

この時に手早く混ぜた方が火の入った所と余り入ってない所が混ざりあう半熟のふわトロが作られます。

はい完成。(*'ω'*)あ、すみません。卵のタイミングシビアで画像取れませんでした。(卵に夢中になってました)

基本というかイメージとしては、混ぜながら中が半熟トロトロにして、弱火もしくは火から離して表面の膜を作る。

その膜で半熟の卵を中に包み込む感じです。包丁で切ってみましょう。

イイ感じですね♪

誰かに振る舞う場合は目の前で切ったら喜ばれます。

確認として切る前に触ったり揺らすと(チキンライスから落ちない程度に)プルプルなのがわかります。
逆にその柔らかさが無くて火が入りそうなら切って出した方がいいです(*´ω`)切るまでの間にもしばらくは余熱で火がじわ~と入ってますから。

 

おっくんが働いていたレストランでは卵だけで1人前2~3個の卵を使ってましたが3つ使う方が圧倒的に難易度が下がります。

お店では卵だけで何も入れてなかったですが、牛乳や生クリームを入れると水分量が増すのでトロっとしやすいと思います、無ければ少量の水を入れるのもOKです。卵の濃厚さが少し薄れるので上にデミやケチャップなどをかける場合に気持ち多めにするとか、卵に塩コショウや塩を振って味を付けとくのもいいかと思います♪

広告

広告

【ランキング応援のお願い】

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

↑↑ 上の写真をクリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。 ブログ村に登録してない方でもクリックしていただくことが出来ます(携帯でも可)※変なメールとか来ません、むしろ面白いブログあります。

応援よろしくお願いします (`・ω・´)ゞ

-おもてなし料理, 男性向け, 簡単一品料理
-, ,

Copyright© おっくんの簡単一品料理レシピブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.