白菜と大根の種まき 時期と方法

農業日記です(*’ω’*)

もう九月も後半戦なので大根と白菜の種まきをしました。
白菜の種まきの時期としては8月~9月ぐらいのようです。
大根は秋収穫なら9月~10月に種まきして翌年の2月までには収穫です。

時期があってるかは3日後に目が出てるかが一つの目安なんだそうです。

場所は前にサニーレタスを作った場所にしました。

そう、とりあえず作って広げるのが大変でそのままその場の腐葉土にした一帯です。
過去記事→サニーレタスの種まき

堆肥(たいひ)と石灰をまきました。
この記事を書きながら調べてみると石灰は土壌が強酸性だった場合に蒔いた方が良いんだそうです。

軽く蒔いとけば芽が出て少し大きくなるまでは安心
それなりに大きくなれば多少土が育つでしょ。

的なおばあちゃんの知恵袋でしょうか(‘ω’)
土壌のPH(酸性とアルカリ性)を測れるこれが欲しくなりました。

 

 

さて、石灰を耕運機で混ぜて畝を作りました。

そこを1センチぐらい凹ませて大根やら白菜やらの種を50センチ間隔ぐらいで3粒づつぐらいまき優しく土を被せたらOKです♪

大きくなるかな(*´ω`)ちなみに白菜の種は蒔いてしまったので
次回は巻かない白菜の方が楽そうだし作ってみようかと話してます。

書いたからには成長過程を紹介せねばと責任感感じております。