ゆずの種化粧水にグリセリンで保湿を追加【手作り】

数日間使っていたゆずの種化粧水。⇒ゆずの種化粧水 原液
なんか肌がつっぱるんですよね。

しかも、季節が秋に突入して季節の変わり目&空気の乾燥で余計に気になるようになりました。

なので、保湿成分を追加してみることにして手作り化粧水の保湿成分を調べてみました。

保湿成分として王道のグリセリンを今回はチョイスしました。

因みに、肌につけるものなので ちょっと調べてみると、グリセリンは食品添加物で食べても大丈夫です。

添加物って良くない印象を持ってますが、天然のものから保湿成分を抽出する技術も知識もないので使ってみて肌が荒れなければいいかなと。
(‘ω’)oO(愛用しているニベアにも含まれてることを後で知りました)

私かなりの優柔不断で近所のドラッグストアーでハンドクリームの成分を見て尿素やヒアルロン酸と書いてるのを見て、どれがいいんだろうか・・・

と悩みだしたので、薬剤師?っぽい白衣を着た店員さんとは違う専門の人がいるじゃないですか、その人に聞いてみると資料を見せて色々教えてくれました。

因みに、清楚系で知的な感じでしたが左手の薬指には指輪が・・・(ヲイ)

-会話-
おっくん『ゆずの種と焼酎で化粧水を作ってるんですが肌がつっぱるんですよ。』

白衣の清楚『あー保湿が物足りない感じですよね~』(あるあるのようです)

おっくん『保湿成分でグリセリンが有名みたいですが、ハンドクリームの成分を見ると尿素とかあったのでどれがいいんですかね?役割とか特徴がわからなくて』

白衣の清楚『保湿成分としてはグリセリンが基本で、尿素は角質を柔らかくしてくれて保湿成分が浸透しやくすなりますよ。』

色んな手作り化粧水のレシピを印刷した資料を見せてくれながらヘチマの化粧水なども解説してくれました。(ヘチマ化粧水には興味がなくても白衣の清楚でしたからね←)

見せてくれたレシピの中に
・エタノール(アルコール≒焼酎)
・グリセリン
・尿素
・精製水

割合は忘れました。。(写メ撮らせてもらえばよかったです)

グリセリンを買えば上記のエタノールにゆずの種を入れて尿素を入れてない状態の物ができるので今回はエタノールにしました。(>_<)b

因みに、グリセリンは潤いを閉じ込めておく力が強く、濃い過ぎる状態で肌に付けると逆にグリセリンに肌の水分が吸われて乾燥してしまいます。

今は、小さな容器ゆずの種化粧水の原因と水道水を1対1で容器の8割ほど入れて1割ほどグリセリンを入れてます。
※グリセリンの濃度は5%~10%(1割)ぐらいにとどめる

グリセリンの入れすぎだけに注意すれば割とザックリの割合でも大丈夫なんじゃないかと思います。^^