離乳食を作る時間がかかるし裏ごしが大変

先日、母親になった助産師の友人にそんな話を聞きました。

管理人に子供はいませんが、赤ちゃんや子供が好きで育児の話も聞いたので参考になればと思いシェアします。(‘ω’)未来の自分に向けて。目指せイクメン!

離乳食に時間がかかる

離乳食を作る時間がかかってるから短くしたいと感じているママは多いようです。

特に始めは、離乳食を食べさせるのも時間がかかるので、離乳食を作っては食べさせ、自分のご飯を作っては食べそびれ、その繰り返しで一日が終わると感じるほど。

パパが面倒見てくれている週末にまとめて作り、冷凍庫の製氷機やジップロックで冷凍。食べる時はレンジでチンするのが便利です。

この辺は家事や仕事をまとめてするのと近いものを感じます。^^

よくある悩みは、初産のママほど完母や手作り離乳食じゃないとダメとこだわってしまいがちです。

ちょっと無責任に聞こえるかもしれませんが将来子供はファーストフードを食べます。なので、ある程度気を抜いてたまにはレトルトの離乳食でも大丈夫と大体2人目の子育てあたりでひらきなおるようです。

しかも、手作り離乳食にこだわっても、最初のころは特に食べること自体に慣れてないので食べない・・・

『なんで作ったのに食べてくれないの』と悲しく、イライラします。

10人いたらそれぞれの赤ちゃんに個性があります。

好き嫌いもありますし、そもそも生暖かいミルクしか飲んでない赤ちゃんに冷たくて固い金属のスプーンを口の中に入れて、咀嚼して食べるのは経験したことが無いので大変なことです。

しかも、30分もすれば離乳食は冷えてしまい赤ちゃんも美味しくないと感じます。

焦らずに、時期が来たら食べるでしょ~と気楽に構えて。
ママが笑顔でいる方が赤ちゃんのためになるのではないでしょうか。

そのためにも手軽に作れるものじゃないと時間をかけて作ったものほどもったいなくてイヤイヤ言ってるのに口に入れるとかしてしまいがちです。食べること自体がイヤになってしまっては悲しいですよね。

離乳食の裏ごしが大変

冒頭にも書いてますが野菜、特に繊維が多いにんじんなどは離乳食の定番なのに裏ごしが大変と話していました。

繊維が多いものって裏ごしするのに力もいるし、うまく網目を通過してくれないですよね。

コトコト1~2時間茹でてから裏ごし機でズリズリ。
2時間もすれば赤ちゃんが起きるからパパがいる時じゃないと中断させられる可可能性が高いです。

ブレンダーが家にあればいいですが離乳食のために買うのはちょっと…ブレンダーを使う料理を頻繁にする人じゃないともったいないですよね。

家にあるもので裏ごしするならすり鉢や茶こしが手軽ですが、繊維が多いものはなかなか大変です。

離乳食に使う人気の野菜を調べてみると
ニンジン、かぼちゃ、さつまいも、ほうれん草、トマト、玉ねぎ、ジャガイモ、とうもろこし、大根

ニンジンを筆頭に玉ねぎとうもろこし、大根など裏ごししにくそうなものが並んでます。

めんどくさいので時にはレトルトの離乳食を使うこと、そして手作りする時も大変な手間の裏ごしをすでにして冷凍してくれてるオートミールの離乳食版があります。

人気のにんじんは生協の『赤ちゃんとママのお試しセット』 に含まれているのでお得に試せます。

お試しセットの内容は、赤ちゃんには裏ごした国産のニンジンの小分け、しらす、九州のほうれん草。

自分のご飯を作るのが面倒な時用にチャーハン、餃子、サバのみぞれ煮が入ってます。

冷凍なので予定が狂って時間が無い時や疲れたときにパパっと作れるように冷凍庫に常備しておくと安心できるのではないでしょうか。

お試しセットなので通常価格の半額の1000円で購入できますし、複数あるカタログも無料で貰えます。

離乳食や子育て情報が載っている『yumyum For Baby&Kids』
アレルギー持ちの赤ちゃん向けの商品が紹介されている『ぷれーんぺいじ』

赤ちゃんがいる家庭なら上記の二つが気になるかと思います。

詳細を見てみる→ 生協の宅配パルシステム★おためしセット購入