納豆とキムチの効果 シンプルに美味しく食べる

こんにちは管理人のおっくんです。(この自己紹介1年以上してない気がするw)
実はブログ名が変わりました。(∩´∀`)∩ワーイ

ブログ名は「おっくんのシンプル料理のコツブログ」

理由は、簡単料理レシピブログって名前なのにレシピがざっくり過ぎる!そんなリスナーの声が届いたわけではなく・・・自覚したのです。爆

しかも、あげくはDIYで作った軽トラの足場の記事が人気記事に入ってしまうなんて始末。自分でこじつけて書いたもののなにがなんだか(笑)

ということで改めまして、シンプルで簡単な料理のコツをお伝えしつつ食に関連する気になったことも書いていくブログにしていこうかと思います。

再出発にふさわしいシンプル料理は「納豆とキムチ」
この組み合わせが美味しい!と紹介しようと思ったのですが、なんでもキムチと納豆を合わせると相乗効果があるようなのでそちらも合わせて紹介します。

キムチと納豆の効果

キムチの乳酸菌を納豆菌と一緒にとることで、納豆菌が乳酸菌の増殖を助けるそうです。
ヨーグルト(乳酸菌)と納豆はさすがに合わなさそうなので、ベストカップルということでしょう。

それ以外にも調べて驚いたのがバナナダイエットならぬ、キムチ納豆ダイエットがあるそうです。
まぁどちらも野菜からできてるからヘルシーですよね。

発酵食品なので快便とか白髪が減ったとか、美味しすぎてご飯を食べすぎて太ったという口コミには笑いました。(*´ω`)

薄毛に唐辛子が効くとお医者さんが書いてる記事もありました。


簡単に書くと、唐辛子を摂取し続けてるとIGF-1が増加する。
IGF-1が多い人は髪の毛がふさふさ
だから、唐辛子を食べれば薄毛に効果がある。
だそうです。それに納豆や豆腐のダイズ製品を組み合わせるとベスト。

薄毛で悩んでいる人も下記で紹介する食べ方をしてみてください。

納豆の特徴と効果

納豆は、日本人の定番メニューで、発酵食品である納豆には5大栄養素が含まれてます。

5大栄養素とは
たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルのことです。

大豆は脂質量が肉類に含まれない食物繊維が豊富でタンパク質も肉と同等に含まれていて、畑の肉とも言われるほどです。

納豆の特徴的な成分と効果を簡単に紹介すると

ナットウキナーゼ→動脈硬化や血栓、脳梗塞や心筋梗塞の予防
イソフラボン→コレステロール値や女性ホルモンの調整作用、骨粗鬆症や更年期障害の予防
タンパク質→皮膚から髪や筋肉、爪など体の元になる

キムチの特徴と効果

韓国の発酵食品で保存食のキムチ、原料は白菜と知らない若い子もいるそうです。

キムチの成分と効果について

カプサイシン→代謝も向上するため、脂肪が燃焼されやすくなる
乳酸菌→腸内細菌の善玉菌を助ける
ビタミン→美容のサポート

余談ですが、前に焼肉屋さんで働いていた時にすごいアホな子がいて店長が『キムチ取ってこい!』と言われ、彼が持ってきたのは白菜でした。( ゚д゚c)いつできる( ゚∀゚)っ))かいっ!!

納豆キムチをシンプル(簡単)に食べる

納豆キムチで調べてみると食べ方として色々紹介されてました。
どんぶり、チャーハン、シソと納豆のパスタ、冷麺、納豆オムレツ、切り干し大根とキムチ

なんか途中から納豆だけ、キムチだけになってましたが。

まぁ管理人が紹介したいのは・・・

納豆とキムチ!

納豆とキムチ 効果

さ・ら・に・ごま油!

これが最強です。数滴の醤油か付属の調味料をかけてください。

納豆とキムチとごま油


お好みで卵を入れたり、冷奴、ご飯の上に乗せても美味しいです。食べ過ぎて太らないようにおねがいします。