肉は玉ねぎのすりおろしで柔くなる

固い肉を柔らかくするのはすりおろした玉ねぎだ。(他にもあります)
と、前の記事に書きました⇒

牛肉を買ったのでやってみよう!という事でステーキの下処理編です♪

牛肉です。あんまり厚くない( 一一)

ラップを外したらこんな感じです。

あ、右側が変な切れ方しているのは昼間にチャーハンに使ったからです(どうでもいい)

 

続いて玉ねぎさん♪

すりおろします。
おろしたほうがよりお肉につくからなんだそうです。

おろした玉ねぎをお肉に付けます。
 

手でまんべんなく広げました♪

これで一時間。置いておくとカピカピになるので

 

らっぷして冷蔵庫に。
ステーキ屋さんとかで本格的な所は焼く30分ぐらい前に冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。

そうすることで中心部まで均等に火を入れやすくなるからだそうです。
厚い肉ほどやったほうがいいです♪

すりおろした玉ねぎ、どうしようかと考え

オニオンスライスにして焼いた肉の下にひくことにしました。
スライサーとかでシャンシャンしてあげるのがいいかと思います。

玉ねぎの辛さを飛ばすには水に晒すのが手っ取り早いです。
それか切ってから30分程放置しても辛味は結構飛びます。

水はビタミンCが流れるし、どうせ1時間時間があるのでスライスにしてまな板の上に放置してました。

 

次回は焼き編です♪

せっかく柔らかくなるようにした処理した肉もカチカチまで焼いたり焦がしたら台無しになってしまいます(*´Д`)焼くってシンプルだけど奥が深いのです。